光洋製瓦株式会社は、日本伝統のいぶし瓦づくりを守りつづけています。
  1. HOME
  2. 姫路城と光洋瓦
  3. 構井一巳氏の紹介

光洋製瓦株式会社|会社案内|構井一巳氏の紹介

瓦道具師 二代目 構井一巳

長い歴史を持つ光洋製瓦の財産とも言えるのが、鬼師・二代目構井一巳の存在である。
鬼師とは、城郭や寺院建築の鬼瓦や鯱などの役瓦を造る瓦職人という意味だが、播州では一般に道具師と呼ばれている。師は、父でもある初代構井一巳。姫路城や京都・達磨寺などの文化財の瓦復元に優れた技を発揮した名だたる道具師である。その父に学んで40年近く。二代目を継承したが、「まだまだ勉強中」と語り、特に難しいのは”間合い“だと話す。鬼瓦は屋根の上に飾られるものである。従って下からどう見えるかが勝負であり、飾られる高さや場所の違いによって鬼瓦の顔の向きや角度を考え、変えなければならない。その間合いが難しいというのである。

制作にあたっては、寸分違わぬ復元を要求される文化財の役瓦以外は下絵や図面を描かず、「頭の中に入っている」ままに一から造り上げていく。職人の頭が、腕が、覚えているのである。だが、そんな構井でも、満足できるものはそうそう造れないという。「造った時には満足できたと思っても、何年かたって見たらやっぱり満足できない。職人の道には終わりがないんですよ」まさに職人気質そのものだが、彼が造る鬼瓦にはどこかやさしさが滲み出ている。仏像には彫った仏師の心が表れるというが、仕事への厳しさを超えた人柄のやさしさが、鬼師・構井一巳の真髄なのかも知れない。

業界屈指の瓦細工師

鬼瓦・飾り瓦・及び役物鬼等の特徴瓦の造形製作に従事。その卓越した技能を持って姫路城をはじめ、数多くの重要文化財の修理にたずさわり復元製作を行った。また、数多くの神社・仏閣・城郭等の特殊瓦の製作を手掛け、伝統建築を後世へ残す上で、重責を果たしている。

文化財・神社等製作経歴(抜粋)

姫路城 菱の門南方土塀
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和51年
姫路城への渡櫓他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和52年
口羽家住宅・主屋
山口県萩市/国重要文化財/昭和52年
姫路城 にの門他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和54年
江戸城 田安門
東京都千代田区/国重要文化財/昭和54年
姫路城 菱の門他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和54年
姫路城 又の櫓・ヨの渡櫓
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和55年
姫路城 ヨの渡櫓・レの渡櫓
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和56年
黄林格
埼玉県所沢市/国重要文化財/昭和57年
法輪寺本堂等
京都府京都市/昭和57年
姫路城 カの渡櫓
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和57年
姫路城 いの門東方土塀ロの櫓
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和58年
出石城 隅櫓・辰鼓櫓
兵庫県豊岡市/市指定文化財/昭和59年
姫路城 カの櫓北方土塀他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和60年
本興寺 開山堂
兵庫県尼崎市/国重要文化財/昭和59年
姫路城 太鼓櫓・ぬの門他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和61年
姫路城 帯郭櫓他
兵庫県姫路市/国重要文化財/昭和61年
出石城 東隅櫓・登城門
兵庫県豊岡市/平成元年
姫路城 清水門井戸屋形
兵庫県姫路市/平成5年
織田家長屋門
兵庫県明石市/市指定文化財/平成9年
三日月陣屋
兵庫県佐用郡/町立化財/平成13年
三木家
兵庫県姫路市/県文化財/平成20年
旧〼江家
兵庫県高砂市/県文化財/平成21年
姫路城 大天主
兵庫県姫路市/世界遺産/平成25年

施工例

ほんまもん体験
職人とともに、体験・製作する事によって、深い歴史と物語・伝統を体験する事ができます。
職人とともに、体験・製作する事によって、深い歴史と物語・伝統を体験する事ができます。
詳しくはこちら