光洋製瓦株式会社は、日本伝統のいぶし瓦づくりを守りつづけています。
  1. HOME
  2. 姫路城と光洋瓦

ユネスコ世界遺産に登録された『姫路城』

姫路城と光洋瓦

平成5年にユネスコ世界遺産に登録された「姫路城」。
池田輝政、羽柴秀吉(豊臣秀吉)など、歴代の戦国武将により当時、最高峰の城郭技術をもって築城されました。一度も戦火を被ることなく現存する城は、築城400年を超える現在、貴重な文化遺産として日本の城郭建築の粋を現代に伝えます。

また、白鷺が羽をひろげたように見える美しいその姿から「白鷺城」ともいわれる姫路城。その優美な造形、光を受けて輝くお城の重要な役割を担っているのが、入り組んだ幾重もの屋根に、鯱瓦や鬼瓦などのいぶし瓦――「神崎瓦」の存在です。

光洋製瓦のある姫路市船津町(旧神崎郡船津村)は、良質の粘土がとれることから古くから瓦造りが行われていました。
特にその名が知られるようになったのは、文化二年(1802年)、姫路藩御用瓦師であった小林又右衛門が、良質の原料を探し求め船津町に移住し、窯を開いたのがはじまりといわれます。以来、昭和の初頃まで多くの瓦屋が軒を並べ「神崎瓦」の名で全国的に広まっていきました。

時代の変化の中で、瓦製造業者の数こそ減少しましたが、光洋製瓦は今も神崎瓦の伝統を守り、昔ながらの質の高い「いぶし瓦」にこだわりながら製造を続けています。
姫路城の美しい姿に見守られながら、この地で日本の伝統技術を後世へ受け継いでいきたいと思います。

姫路城修理工事において

「平成の大修理」では、大天守の瓦を制作しました。
大天守のシャチ瓦、鬼瓦、をはじめ数々の光洋の瓦が使用されました。
また、光洋の屋根葺き職人たちも、約2年間の間「平成の大修理工事」に携わりました。

*姫路城図下に○朱色で示した箇所は、光洋製瓦瓦道具師 溝井一巳、溝井俊一郎が製作した瓦を使用した場所を表す。(昭和51年〜昭和62年)

また、○オレンジ色で示した箇所は、光洋製瓦瓦道具師 溝井俊一郎をはじめとする光洋の瓦職人達が製作した瓦を使用した場所を表す。(平成23年〜平成24年)

姫路城・城見台公園にそびえる大天守の鯱瓦

姫路城を望む・城見台公園。平成5年12月に世界遺産として登録されたことを記念して、ここに2mの一対の鯱瓦が設置されました。大天守の鯱瓦を原寸大に復元したもので、構井一巳が製作。鯱の間から天守閣が見える絶好の景観スポットです。

【平成元年 光洋製瓦株式会社 寄贈】

ほんまもん体験
職人とともに、体験・製作する事によって、深い歴史と物語・伝統を体験する事ができます。
職人とともに、体験・製作する事によって、深い歴史と物語・伝統を体験する事ができます。
詳しくはこちら
光洋製瓦株式会社ホームページ
光洋製瓦株式会社は、日本伝統のいぶし瓦づくりを守りつづけています。
光洋製瓦㈱は瓦職人の集団であり、千年の時を越えた先人の技を受け継ぎ、大切な手作業でをかたくなに保持しています。
ホームページはこちら